中学受験を考える方は早めに挑戦を

中学受験をお子様と考えている方で、難しいのは「子供に過度の期待や不安」がかかってしまうことです。一般的に受験は高校生や大学生の時には登竜門として誰しも体験することです。しかし、まだ小学生であればなぜ自分が受験しなければならないのか、という意味や目的がはっきりとせず、精神的に大きなプレッシャーになってしまうことが予想されます。

そのようなお子さんのためにも「受験した将来のイメージ」や「親と子の試験を受けるための意義」などを共有できるようにすることをお勧めします。私立の中学校の受験となると、難易度の高い問題や受験対策なども多くなってしまい、精神的にもプレッシャーがかかってしまうことが十分に考えられます。

そのような負担を少しでも減らす、という意味でも、中学受験でなるべく負担がかからないよう、お子様とのコミュニケーションをとることが大切です。受験勉強に対する御両親の理解も十分に取れるようにしておくことをお勧めします。

きっちりと、その目的が共有出来れば、それだけお子さんの負担も軽減することが出来ます。その点を意識して、きっちりと対策を講じられるようにしておくことが、受験でのゴールを決めることにつながります。

INFORMATION

2015年06月11日
ホームページを更新しました。