中学受験は親子で臨む気持ちを

高校受験や大学受験になると、お子様の努力が大きなウェイトを占めますが、中学受験はまだ、お子様にとってはご両親の影響が大きく左右する年齢です。そのため、親子で揃って受験を目指す、という気持ちを持って取り組むことが大切です。

一緒に勉強する時間や、目標の学校に通う意義、勉強のスタイルや、苦手強化の克服方法など、受験には様々な障害があります。また、公立の学校に受験をせずに義務教育で進学できるにも関わらず、なぜ、私立の学校へ進むのか、という親子の対話や理解が不可欠なポイントになります。

この点が克服できれば、お互いに進学への意識を高めることも出来ますし、前向きに仕事に対して取り組む気持ちを持つ事も十分に可能です。

公立の学校へ進学するよりも、中学受験では、難易度の高い問題や事前の準備が欠かせません。この点は、勉強嫌いのお子さんにとっては避けたくなる要素の一つでもありますから、早めに解消できるように、真剣に考えて取り組むようにすることをお勧めします。

中学受験の対策は、お子様に強制するような方法を取ってしまうと、受験に失敗した時や挫折した時にお子様に大きな負担を残すことになりますから、ぜひ親子の理解と協力体制を築けるように意識してください。